サンタピアップ

トゥール・クラサイン小学校贈呈式(カンボジア)

投稿日:

 

2018年3月25日~3月31日、我々サンタピアップみやぎボランティア会会員有志18名はトゥール・クラサイン小学校の贈呈式に出席するためにカンボジアを訪れました。

今回建設したトゥール・クラサイン小学校は当会で建設した19番目の小学校となります。

バッタンバン州 サンパウ・ルーン郡 セレイ・ミンチェイ集合村 トゥール・クラサイン村という場所にあり、タイ国境との国境近くの地域になります。

今回の小学校の場所が今まで支援してきた場所の中でも最も遠い場所であるため、バッタンバン州の街中に一泊し、次の日の早朝に小学校を目指し出発いたしました。

バッタンバン州で一泊したとはいえ、宿泊場所から小学校までは4WD の車で3時間かかるとのことでした。

途中とても強い雨が降りとても心配しましたが、すぐに止みホッとしたのもつかの間、雨のせいで道路がぬかるみ車のドライバーさんは運転がとても大変そうでした。

 

 

 

悪路をしばらく走っていると小学校に到着しました。

現地では私たちを待ち構えている人たちがたくさんおり、太鼓や歌で歓迎してくれました。

 

 

現地の子供たちが2列に並んでいて私たちに日本語で「コンニチハ」と挨拶をして出迎えてくれました。

外国人がたくさん来たことに驚きつつも、大人も子供も笑顔で迎え入れてくれました。

 

 

 

 

贈呈式の前に現地のお坊さんの読経を頂いた後、私たちも新しく建設しましたブッダの祠の開眼供養を行いました。

その後、支援いただいた皆様からお預かりしました写経を納経いたしました。

 

 

 

 

 

 

贈呈式では子供たちのカンボジア国歌斉唱から始まり、来賓の方々の挨拶、児童代表の挨拶、長谷川会長の挨拶と続きました。

 

 

 

 

 

バッタンバン州代表の方々より感謝状と勲章のメダルを頂戴いたしました。

 

 

子供たちにこちらで用意しました文具類とベガルタ仙台様から頂戴しましたサッカーボールと鉛筆をお渡ししました。

子供達から感謝の意味を込めて手作りの白い花の造花を頂きました。

 

 

 

 

テープカット、記念帳署名、譲渡契約書署名も無事に終わり、現地の方々に小学校をお渡しすることができました。

 

 

 

 

式典が終わったあと、記念の植樹、子供たちの授業の様子などを見学させていただきました。

 

 

 

 

その後、日本から持参したけん玉や長縄、サッカーなどをして子供たちと交流しました。

けん玉はなかなか難しいようでしたが、みんなが夢中になり、とても楽しんでいる様子が印象的でした。

 

 

 

 

 

 

最後に近くのお宅に家庭訪問をさせていただき、現地の生活の様子やお話をお聞かせいただきました。

帰り際には木になっているマンゴーをたくさん頂戴しました。

現地のマンゴーは緑色で、あまり甘くなく酸味があり、固めの梨を食べているようなシャリシャリ感のある果物でした。

 

 

 

私たちが帰るときには子供たちが再び列を作っていただきお見送りしてくれました。

あっという間の時間でとても名残惜しかったですが、子供たちの笑顔を拝見し今回この小学校に来ることができ本当に良かったと感じました。

いつかまたこの場所に訪れて子供たちの元気に成長した姿を見てみたいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

最後に。

これまで当会にご協力、ご支援いただきました皆様方、誠にありがとうございました。

皆様方のご支援のおかげで今回19校目の小学校を建設し、現地の方々に無事に譲渡することができました。

今後もカンボジア教育支援及び子供たちが笑顔でいられますよう力を注いでいきたいと考えておりますので、これからもご協力ご支援の程どうぞよろしくお願いいたします。

広告

カンボジア教育支援チャリティーバザー2017 in松島

投稿日:

 

平成29年9月16日、松島町文化観光交流館アトレ・るHallに於きまして宮城県曹洞宗青年会主催「カンボジア教育支援チャリティーバザー」が開催されました。

サンタピアップみやぎボランティア会としてもブースの設置、パネル展示を行いました。

当日の天気は気持ちのいいくらいの快晴で、強い台風が近づいており心配しておりましたが杞憂に終わりました。

毎年たくさんの方にお越しいただいておりますが、今年も300人近くの方々にお越しいただきました。

ご来場いただきました皆様方、どうもありがとうございました。

 

 

 

今回の収益はすべてカンボジアの子供たちの為に使わせていただきます。

たくさんの方々のご来場誠にありがとうございました。

平成29年度 定例総会 併催 研修会

投稿日: 更新日:

 

平成29年7月2日(日)、仙台市国分尼寺に於いてサンタピアップみやぎボランティア会「平成29年度定例総会」が開催されました。

議長には仙台市福聚院 伊達吉信師が選出され次の事項が慎重審議され全て承認されました。

・平成28年度事業報告

・平成28年度決算報告・監査報告

・役員選出(案)

・平成29年度事業計画(案)

・平成29年度予算(案)

 

 

また、三輪前事務局長より、2017年度建設予定の小学校についての説明がございました。

現在バッタンバン州にございますトゥール・クラサイン小学校を建設予定しております。

当会が着工する小学校建設では19校目の校舎となります。

今後細かな情報など入ってまいりましたらご報告申し上げます。

 

北村会長

 

三輪事務局長

 

三宅会計

 

坂本総務

 

長谷川新会長

 

時新事務局長

 

都築新会計

 

第二部として講演会を行いました。

講師として公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会より嘉味田 倫慧様、眞屋 友希様をお迎えし、『カンボジアにおける教育支援 ~シャンティの歴史・活動、カンボジアの現状~』を演題にお話しいただきました。

これまでの活動や歴史のお話では初めて知ることも多く、歴史的背景や支援活動がどのようにして段取りや事業進行していくのか大変勉強になりました。

カンボジアの現状に対しましても現地の識字率や小学校の入学率・卒業率など細かに教えていただきました。

今回教えていただきましたカンボジアの現状につきましては、また違う機会に記事として掲載させていただきたいと思います。

 

今回講演いただきました左より嘉味田様、眞屋様

 

 

 

平成28年度会員大会(講演会)

投稿日:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成29年2月6日午後2時より、ホテルグランテラス仙台に於いて平成28年度会員大会が行われました。

第一部前編として「カンボジア王国~過去・現在・未来~」と題し、東北大学に在学しているカンボジア留学生のサカル・モロコット氏に講演いただきました。

モロコット氏とは昨年の東北歴史博物館で開催されました「特別展 アンコールワットへの道」にてご縁がございまして、大学の授業などでお忙しい中、今回講演していただけることとなりました。

とても日本語がお上手で、カンボジアの風土、文化、歴史、教育における現状と問題などわかりやすくお話いただきました。

お話の中に乾季と雨季の話題がございましたが、乾季では村の道を歩けるのに雨季では川のようになりボートを使って隣の家や買い物に行くということを聞いてカルチャーショックを受けました。

また、特に教育の問題などに於いては私たちも携わっておりますので、首都と田舎の格差問題や学外活動(スポーツや部活動)がないなど普段聞けないことが多くとても勉強になりました。

今回お話いただきましたことを踏まえて、今後の活動に活かしていきたいと思います。

 

サカル・モロコットさん、この度はどうもありがとうございました。

 

第一部後編ではサンタピアップ総務であります坂本副会長に「サンタピアップみやぎボランティア会の活動について」と題し講演いただきました。

題の通りサンタピアップみやぎボランティア会が発足した経緯やこれまで支援してきた活動の紹介などをお話しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開会挨拶をする北村会長

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講演する坂本総務

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左より天野顧問、サカル・モロコット氏、北村会長、三輪事務局長

平成28年度 定例総会

投稿日: 更新日:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

平成28年7月3日(日)、仙台市国分尼寺に於いてサンタピアップみやぎボランティア会「平成28年度定例総会」が開催されました。 続きを読む »